.

明細レシート保有する必要性はないのか??結果からここに申し上げると必要性は特段ないというのが解答です。

人それぞれ保管することで決済した明細を保管したいと思う際には捨てなければいいのだし、もしそのような証跡は無くても困らないと思うのであれば残しておく必然性はないでしょう。

ただ毎月受け取る明細書類との照らし合わせ作業の際には絶対上述のレシートが不可欠です。

明細をそれまで少なくとも所持しておかなければ、どの店で何月何日にどれだけの金額を決済したのかということについて不明になることだけでは済まず、間違えの他重複に関しての確認もすることができなくなってしまうからリスクがあります。

クレジットカードを使った大きさについてはレシートを保管していない限りは覚えておくことはできないはずです。

短くても利用明細書が送付される1ヶ月・2ヶ月前後は、明細レシートを所持して頂きたい。

クレジットカードの明細レシート処分のやり方●カードのレシート処分の手段は単純なのです。

人に不正な使用をされないよう、できるだけバラバラに切って捨てるだけで問題ないのである。

自家用シュレッダー等が自宅に置いてある場合には使うのもありでしょう。

使用を記載する利用レシートであるがゆえクレカナンバー等、個人情報を知られるデータがとても多く記載されています。

不必要な明細レシートとは考えず、破棄は慎重に実施したほうがよいでしょう。

一方、このごろは防犯対策の意味で利用レシートに番号などの個人の情報が書かれないレシートも出始めているが、安全と思い込むことは禁物である。