.

雑誌の宣伝、タブロイド紙、繁華街にある宣伝やダイレクトメールなどで、「債務の整理整頓手伝います」「多重負債を集約しましょう」といった宣伝を目に入れることがありますよね。美甘麗茶

「整頓人」「買取業」「紹介屋」と呼ばれる企業の広告の場合もあるのです。アーセナル

このようなものを申し込んだケースでは自己破産申請プロセスの中で免責決定を受けられなくなる可能性が存在します。

「整理業者」では借金のある人を引き寄せ高い料金を請求して整頓をしますけれど実際は負債整頓は実行されずに、当人はさらに負債スパイラルに陥ってしまうケースが大方と予想されます。

「買取屋」とは債務人のクレジットで電化製品、コンサートの券などをいっぱい買わせて借金者からそういった品目を売値の3割から40%で買い上げるというやり方をとっています。

債務人はキャッシュが懐に入りますがそのうちカード企業によって商品の売値の返済請求が届くことになり、現実には債務額を悪化させる結末になります。

この場合はクレジットカード業者への詐欺として免責判定を受けられなくなります。

「紹介者」の場合は大企業の貸金業者から貸してもらえなくなった債務人に対し直接的な金貸しはしないで、貸出をしてくれる企業を知らせて、高額な手数料を出させる企業です。

紹介者は自分の経由で資金提供してもらったかのようにしゃべりますが何もしないまま単に審査の甘めの業者を知っているだけです。

このときも債務額を増加させることになります。