.

為替への介入はご存知ですか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、雑誌記事、テレビ番組、ネット等の情報で確認したみなさんも多いと思います。価格キャッシュバック

元来為替介入(外国為替市場介入)は日本においては、大臣(財務大臣)為替相場の安定化を実現させるために用いるやり方と位置づけられています。

簡潔に言うと、激しい円高、円安になると財務大臣のお達しが出ると中央銀行である日銀が日本円を売買することで円相場を安定させる、ものを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつか方法があります。

1.単独介入・・・政府機関や中央銀行(日本銀行)が東京での市場において自分から市場に加わって為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが話し合いそれぞれの銀行などが持ち金を活用して同じタイミングもしくは引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・外国の通貨当局に向けて介入の実施をお願いする。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の銀行などに代えて為替介入を行なう。

こんなような方法です。

どの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、またはしばらくの間為替市場に大きな影響力を与えるはずです。

為替介入の金額は当然ですが自分の国の誇りをかけているだけに桁外れです。

円を元にしてみると、いつもは数銭単位で変化する円レートが突如大きく変動をするのです。

個人で投資をしている方なら一回くらいは経験があると思いますが、これまでは期待通りに含み資産(もしくは含み損)を増やしていた保有高を保っていたのに、キープしているポジションが決済となりましたと連絡がFX業者の人間よりメールが・・・どの程度得になったのかな(損したのかな)?と気にしつつ決済の情報を見たところ自らが思っていたのとは反対の状態となってしまい息を飲んだというケースがありました。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際によく聞く話です。

この例のように為替の介入を実施すると、為替の市場の流れと真逆の変化をすることがわかりました。

しかも動く金額の幅はかなり大きく動くので注意が必要なのです。