.

車での事故があった時、自分自身が被害者であったとしても事故を起こした相手が間違いをこれっぽちも納得しないケースは数限りなくあります。仮定として、意識的にではなくちょっと気が抜けて自動車を激突したケースで、水掛け論になってしまう場面がありそうです。例えそうであっても、事故現場で車だけの物損処理され忘れた頃に体の変調が出た時に行った病院の証拠書類を警察に提出するというのは対応が遅くなるのはしょうがなくなってしまいます。それなら、自動車での事故の過失割合の結論にはどういう認定基準があるのでしょうか。しっかりと申しますと警察署が決めるのは、主に車の事故の原因が存在するのはどちらの車かという内容であって、過失割合ということではありません。もっと言えば、最終的に決められた責任者が警察署からはっきりする事は場面は有り得ません。このため、過失の割合は両者の調整の結果により決定され、それが損害賠償の算定のベースになります。当事者同士が任意で加入できる保険に加入していなかった状況では本人同士が直接調整することしかできません。当然こういうやり取りでは、理性的でない問答になる場面が高くなります。さらに、互いの意見が食い違えばまかり間違うと、訴訟にまではまり込む、それでは貴重な時間と裁判にかかるコスト計り知れないマイナスを避ける事ができません。そこで概ね、互いのドライバーに付随する自動車の保険会社、そういった両方の自動車の保険の会社にやり取りを一任するやり方を活用して、相当な過失の割合がどうなのかを慎重に決めさせます。こういった場合には、自動車保険会社は、前の交通事故の訴訟の裁定から算定した判断基準、判断例等をベースに想定と相談をして過失割合を計算します。とは言っても事故においては、巻き込まれたのか起こしたのかの状況を問わず真っ先に警察に連絡するのが原則です。その上で自動車保険会社に連絡を取り以後の話し合いを頼むのが順番となります。そのやり方さえ分かっていれば、両方の無意味な水掛け論となる場合を未然に防止できるに違いありません。